ウーマン

施術できれいに除去できる

ウーマン

クリニックの治療内容

年齢を重ねると多くの方にみられる首周りのいぼは、年齢と共に肌のターンオーバーが正常に行われないことが原因で現れます。古い角質が蓄積することが原因だったり、衣服やアクセサリーによる摩擦や紫外線による外的なダメージが原因で、た複数発生することもあります。いぼ自体は良性の腫瘍のため、そのまま放置しておいても健康上は問題はありませんが、首周りが開いた服装を着る際に目立ってしまいますし老けた印象を周りに与えてしまいます。そのため少しでもきれいな状態を取り戻すためにも、医療機関で適切ないぼの手術を受ける事が重要になります。皮膚科や美容皮膚科では、いぼ治療の方法として液体窒素を利用した冷凍凝固法による治療と、炭酸ガスレーザーを利用した医療レーザー手術の他に、処方された薬を服用する方法が行われています。各自うにいぼを切除したいなら、冷凍凝固法か医療レーザー治療を受ける必要があります。ただ前者は保険診療内で治療が行えますが、後者は保険がきかないので全て自費となるので、効果に反して費用の差が出てくることを考慮して治療を受けることが重要になってくるのです。まず液体窒素を利用した冷凍凝固法は、液体窒素を含んだ綿棒を皮膚に押し当てて、いぼを凍傷の状態にして皮膚を壊死させます。施術を行う際に痛みが伴い、その後も若干ヒリヒリとした痛みが続きますが時間と共に治まるので問題ありません。壊死した皮膚はどんどん硬く黒く変色していくので、約2週間ほどで綺麗に除去されます。ただ一度でいぼの根本まで除去できない場合があり、状態によっては繰り返し施術を受けるために皮膚科に通う必要があったり、いぼは綺麗に除去出来て周辺の皮膚が色素沈着を起こしてしまう可能性があります。時間をかけて治療を行うよりも、一度の治療できれいな状態にしたいと思っている方には、炭酸ガスレーザーを利用した医療レーザー手術が効果的です。炭酸ガスレーザーはいぼに含まれる水分量に反応して照射されるので、周りの皮膚にダメージを与えることはなく皮膚の固まりの部分だけ蒸散させることができます。短時間でケアが行えることや難治性のイボにも効果があります。