ウーマン

気になるいぼは除去しよう

レディ

いぼの治療法では手術も一つの方法

皮膚にできる腫物のことをいぼと呼びますが、それが出来る原因は乳頭腫ウイルスに感染することで発症します。乳頭腫ウイルスは、一般的には正常な皮膚の状態では滅多に感染することはありませんが、それが傷などから侵入するといぼを引き起こしやすい状態になります。小さい傷ができるとウイルスが侵入しやすくなるため、多くはひっかき傷や擦り傷などの外傷を受けやすい場所に発症することが多いです。こうしたいぼ治療の方法には、費用の面からも保険適応する方法での治療が望ましく、その方法も幾つか存在します。まず標準治療とも言われている方法には冷凍凝固する方法が存在し、その方法は患部を液体窒素によりいぼを冷凍炎症を起こし、体の免疫機能によって排除を行う方法です。一番、確実的な治療方法としても支持されている方法となります。他に漢方薬を内服する方法があり、人々に馴染みのあるハト麦エキスを経口摂取をする方法です。体質によっては、その服用だけで解決することもあり、人の健康に害を与える副作用も少ないことからお年寄りから子供まで老若男女を問わないで多くの方にも支持されています。当然、前者の冷凍凝固する方法と組み合わせを行う形で治療を行うことも多く、内服面と外からの方法で治療を行っていく流れになるため、相乗効果も高いのが特徴的です。保険適応の治療法には手術を行う選択肢も存在しますが、基本的にいぼの治療でメスを伴って切除する手段は稀となる傾向があります。その理由としては手術による方法では仮にメスによる切除が行えても、ウイルス自体が残ってしまうとまたその増殖によって、再発する可能性もあるからです。従って一般的には古く硬く固まってしまったいぼを取り除くのに、メスを用いた手術の方法を選択することが多くなります。他に保険適応外による方法としては、いぼ用消毒液・クリームの塗布、炭酸ガスレーザーによる方法も存在します。保険が適応外の治療となるため、費用がかかってしまうデメリット面も存在し、それぞれに一長一短がありますが、それを補いながら組み合わせて治療を行うことも可能です。